高校生でも可能な脱毛方法と知識

高校生になるとムダ毛が気になるようになってきます。

 

みんなの肌はきれいだけど、どんな方法で処理しているのかな?教えてもらいたいけれど、話しにくいし…そんな悩みがある方必見です。

 

正しい脱毛知識

  • 脱毛ってそもそも何なの?
  • 自己処理ではだめ?

 

脱毛は、気になるムダ毛を処理することです。それなら、自分でもできると思う方もいらっしゃるでしょう。

 

そう、ムダ毛を処理するだけなら、いろんな方法があり、自分でもできるものもあるのです。でも、肌を傷付けてしまうリスクがともないます。

 

美しさを求めるために、肌を痛めてしまうことがないよう、注意することが必要です。

 

脱毛方法にはカミソリを使うもの、電気シェーバー、除毛クリーム、ワックスなどがあります。

 

それぞれ、メリット・デメリットがあるので、肌ダメージを考えて、自分の肌に使用しても大丈夫な方法を選びましょう。

 

ムダ毛の自己処理は、自分できれいにできる方、肌ダメージがなく仕上げられる方は、自宅でできます。

 

また、処理後の黒ずみが全くない方も同じです。

 

自己処理した後に、肌ケア用のクリームを塗るなど、自分なりの方法で肌を守ることを忘れないようにしましょう。

 

脱毛方法

 

「電気シェーバーは生え際まで処理できない」
高校生が一般的に使用しているのが電気シェーバーです。電気シェーバーには、安全ストッパーやガードが付いている商品がほとんどなので、肌に傷つけてしまう危険性はありません。でも、生え際ギリギリに剃ることは困難なので、頻繁に処理することが必要になります。


 

「カミソリは肌に直接刃が当たるので危険」
ムダ毛の根元で処理するためにT字カミソリを使う方法もあります。きれいに処理できますが、刃が肌に直接当たるので危険性があります。歯の角度が悪いと皮膚が切れてしまう場合があるので、怖いと感じる方も少なくありません。また、頻繁に使用すると表皮が荒れやすくなる可能性もあり、処理後の肌ケアが大事です。


 

「除毛クリームは肌が荒れやすい」
除毛クリームで処理する方法もあります。除毛クリームとは、ムダ毛処理用のクリームを肌に直接塗り、指先で馴染ませるだけでムダ毛が取れるものです。毛の成分であるタンパク質を分解することで脱毛するものなので、痛みが感じることもありません。簡単にどこでもできる除毛として便利な商品です。ドラッグストアやインターネットで簡単に安く購入できることも好評です。でも、頻繁に使用するのはおすすめできませんよ。それは、肌も同じタンパク質で、表皮が荒れてしまう恐れがあるからです。肌ケアを欠かさず、荒れない程度に使用しましょう。


 

「市販のワックスで脱毛する方法」
自宅でできるワックス脱毛もあります。蜂蜜が含まれている成分で肌に優しく、簡単にできる脱毛方法です。肌に直接塗り付け、専用シートを乗せ乾燥させると、自然にシートに毛が絡まり、シートをはがすだけで脱毛できるのです。簡単な方法なので、ヒザ下の脱毛に便利です。しっかり確実に脱毛するには、動かずにシートを乾燥させることが必要になるので、難しいと感じる方も少なくありません。もともとブラジリアンワックスを使用した脱毛サロンで取り入れられていた方法なので、自己処理で使用するのは自分なりに工夫することが必要です。


 

「電気シェーバーが一番安心?」
このように高校生ができる脱毛方法というと、電気シェーバーが一番安全ではないでしょうか?肌を傷つけてしまうことがなく、毎日使用しても安心です。脱毛サロンでも、処理残しがあった場合に用いられていますよ。